新着情報

2022年3月22日
3月21日をもちまして、定期開館は終了致しました。
次回開館は、2023年3月の予定です。

2022年1月22日
「隠し文学館 花ざかりの森」が2022年2月26日より開館致します。詳しくは記念展ご案内をご覧ください。

2021年3月22日
3月21日をもちまして、定期開館は終了致しました。
次回開館は、2022年3月の予定です。

2021年2月26日
新型コロナウイルスの対策について追記いたしました。詳しくは記念展ご案内をご覧ください。

2021年2月5日
「隠し文学館 花ざかりの森」が2021年2月27日より開館致します。詳しくは記念展ご案内をご覧ください。

2020年4月15日
2020年館長室たよりを更新しました。


※3月の定期開館は終了しましたが、11月まではご予約・観覧ができます。
三島由紀夫の読書と創作の変遷 展
■三島由紀夫/昭和15年(1940)学習院中等科の時 写真提供/日本近代文学館
   リンクについて
当サイトはリンクフリーです。
リンクの際はトップページ
http://www.3ihanazakari.com/
へ お願いいたします。
画像や下層ページへの直接
リンクはご遠慮ください。

隠し文学館 花ざかりの森 バナー
バナー(146×45)

三島由紀夫 直筆原稿『蘭陵王』完全復刻版
直筆原稿『蘭陵王』完全復刻版
初出、昭和43年(1968)「群像」11月号

三島由紀夫 評論集『太陽と鉄』
評論集『太陽と鉄』
昭43年 (1968)10月刊)(講談社)

三島由紀夫「蘭陵王」雅楽面
「蘭陵王」雅楽面




「花ざかりの森」で、三島由紀夫に会えるかもしれない。


開館15周年記念・三島由紀夫展 VOL.15
「三島由紀夫と蘭陵王 展」
令和4年の三島由紀夫展VOL.15は、楯の会会員との自衛隊体験入隊の仕上げの夜、会員のSが吹いた横笛の曲名は「蘭陵王」であった。北斉の蘭陵王長恭が、おのれの優しい顔を隠すために奇怪な面を着けて、五百騎を率いて出陣した故事にも基づいた曲である。決起を前に、三島が最後の短篇「蘭陵王」に込めた想念に迫る。

令和4年2月26日(土)〜3月21日(月・春分の日)
開館時間/午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
◆休館日/毎週月曜日 ただし、(3月21日 月・春分の日は開館)


◆主催/隠し文学館 花ざかりの森
◆共催/北日本新聞社
◆協力/公益財団法人 日本近代文学館
◆協賛/富山市教育委員会



※記念展が終了しますと、一旦閉館します。次回の開館は2023年3月の予定です。
※ただし、2022年11月までの期間はご予約・ご調整をいただ
  ければ、ご来館いただくことができます。
  お問い合せ先は館長宅:電話・ファックス 076-451-7770